ページビューの合計

2015年12月13日日曜日

淡路 おのころ島神社

今回は、淡路島おのころ島神社の紹介である。12月5日に、次男が淡路島へのドライブがてら連れて行ってくれた。私の強い希望をワイフが聞き届けてくれて、ワイフから次男に指令が下ったのである。車がないと行けない不便な場所に神社はあるので、有難いことであった。
淡路島ドライブ

おのころ島神社のスタンプ台。スタンプ自体は撤去されている。

淡路花遍路 第五十七番 花の札所 である。


高さ21.7メートルの大鳥居。この一帯のランドマークとなっている。


巨大である。下から眺めた写真。


おのころ神社の碑と周辺のハイキングマップ。


おのころ島神社の航空写真



ここで、例によってWikipediaによる神社情報を与える。


自凝島神社
Onokorojima Jinjya 1.jpg
大鳥居
所在地兵庫県南あわじ市榎列(えなみ)下幡多415
位置北緯34度18分45秒
東経134度46分16秒
主祭神伊弉諾命
伊弉冉命
例祭5月3日
 



自凝島神社(おのころじまじんじゃ)

兵庫県南あわじ市(旧三原町)にある神社である。おのころ島神社とも表記される。

概要:

伊弉諾命(イザナギのミコト)・伊弉冉命(イザナミのミコト)を主祭神として菊理媛命(キクリヒメのミコト)を合祀する。当社が鎮座する丘が両神による国産み・神産みの舞台となった自凝島であると伝えている。このことから縁結びや安産などの御利益があるといわれる。
高さ21.7メートルの大きな鳥居がランドマークとなっている。この鳥居は平安神宮及び厳島神社と並び「日本三大鳥居」の一つに数えられる。
難読であるため境内の石標・案内板や周辺道などでは、もっぱらおのころ島神社という表記が用いられている。
当社西側を流れる三原川には朱色の欄干の「おのころ橋」がかかっている。

基本データは、つぎの通り。

御祭神伊弉諾命(イザナギのミコト)
 伊弉冉命(イザナミのミコト)


 

合祀   菊理媛命(キクリヒメのミコト、別名ククリヒメのミコト)

 
摂社八百萬神社
御神徳健康長寿・良縁堅固・夫婦和合・安産塩砂


由緒板



由緒:

当神社は、古代の御原入江の中にあって伊弉諾命・伊弉冉命国生みの聖地と伝えられる丘にあり、古くから「おのころ島」と親しまれ崇敬されてきました。
古事記・日本書紀によれば神代の昔国土創世の時、二神は天の浮橋にお立ちになり、天の沼矛を持って海原をかき回すに、その矛より滴る潮がおのずと凝り固まって島となる、これが自凝島である。
二神はこの島に降り立たれ、八尋殿(やひろでん)を建て
先ず淡路島を造り次々と大八洲(おおやしま)を拓かれたと記されています。


境内にある 里深平八顕彰碑。京大出の工学士で、榎列(えなみ)村の村長であった、郷土の誉のお方である。勿論存じあげていない。ネット上には、情報は見当たらない。


 
手水舎  傍らのモミジが色づいてきれいですね。


磤馭盧島神社と表記された石碑。

服部嵐雪の句碑   有名な句ですね。 芭門十哲の一人である。 

梅一輪 一輪ほどの 暖かさ 


 左側にあるのが、幸藤五郎の顕彰碑。この方の情報も見当たらない。

千度石


正殿につづく石階段。

鶺鴒石  つぎの伝説による。

伊弉諾命・伊弉册命の二神様は、正殿前にあるこの石の上につがいの鶺鴒が止まり夫婦の契りを交わしている姿を見て、夫婦の道を開かれ御子様をお生みになられました。


正殿

邪魔者がいなくなったのでもう一枚。



 

由緒舎 

手前の碑には、

産土(うぶすな)の我が親神よ  とこしえに国の鎮めと おわすこの神

とある。

御神木を祀る

古い夫婦松(こえ松)御神木
 

 
本殿
 
脇社の八百萬神社             伊弉諾命・伊弉册命の御子神様を奉斎している。





由緒舎

おのころ橋  今は干上がっているが、五十鈴川が流れている。



葦原国分社

その石碑

小高い丘の上にある正殿の周囲をとりまく参拝道。


旧鳥居の残骸

天の浮橋分社

 

その石碑

平成御大礼記念舎

最後に真横から写した大鳥居

 
これでおしまい。

0 件のコメント:

コメントを投稿