ページビューの合計

2015年1月13日火曜日

アンパンマンこどもミュージアム再訪




長男夫婦が孫をつれて、アンパンマンこどもミュージアムに行くことになった。2度目である。調べてみると昨年の1月11日に行ってるので、丁度1年ぶりである。それで、孫の遊び相手として、私がミュージアムでお出迎えをすることになった。 可愛い孫の写真をバンバカ撮るつもりである。

自宅を朝9時過ぎに出て、JR神戸駅には9時40分頃に着いた。開園時間が10時なので、充分時間がある。それで、ミュージアムにいく道筋にある、アンパンマン関係++の展示物を写してみた。


神戸駅前で、出迎えてくれたアンパンマン


駅地下街にある HARBOR VIEW です。大型マルチビジョンです。
この時は、海中のアニメでサメや海亀が泳いでいた。
 


以前はこの映像。

アンパンマンキャラの石像シリーズ。といっても3種類しかないが、2体づつある。コンピュータ制御で削り出すんだろうね。同種の各2体とも、全く同じでした。

ドキンちゃん
 
ばいきんまん
 

アンパンマン


アンパンマンの石畳。



++ の方の、キリンとプレスリーの彫像も健在でした。

 
 
神戸駅から5分ほどで着きました。ここがアンパンマンこどもミュージアム。 
 
 
こちらが入り口。隣では、高層ビルが建設中でした。
 

入り口前で、アンパンマンキャラのパフォーマンスをやっていました。開館前のサービスですね。


言わずと知れたアンパンマン

いとしのメロンパンナ

女戦士のロールパンナ

沢山の親子づれが、チケット購入のため並んでいました。私も並んで、早々に入館券をゲット。

孫を待つ間に撮った、ハーバーランド周辺の風景写真。

オリエンタルホテル


ポートタワーとホテルオークラ

手前が、神戸モザイクチャペル。 結婚式場ですね。


umie MOSAIC(ウミエ モザイク)の小さな雑貨店の並び。アンパンマンこどもミュージアムの手前の通りです。


観覧車。


以前夜のハーバーランドの写真をアップしたことがあるのを思い出した。
神戸ハーバーランドの夜、万葉の湯

開園時間の10時に息子夫婦と合流。お正月に来てくれて、その時はおじいちゃんと良く遊んでくれたのである。10日ぶり位だが、○○くんは、一層凛々しくなっている。保育園で、先生やお友達と話をするせいか、ボキャブラリーの増加は凄いものである。今や、爺さんのボキャと変わりないのだ。一人前にお話しができる。 とても活動的である。 お母さん(息子の嫁)の話によると、その分自我が強くなり、わがままであまのじゃくになってきたそうである。望ましいことである。それが子供の成長というものである。

ここで、Wikipediaによるアンパンマンこどもミュージアムの説明。正確には、以下のように表記される。 しかし、記事は貧弱。 こちらが適切なホームページ。  神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール

神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール
130720 Kobe Anpanman Children's Museum & Mall Kobe Japan01s3.jpg
店舗概要
所在地650-0044
兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目6番2号
開業日2013年(平成25年)4月19日
施設管理者神戸アンパンマンミュージアム&モール有限責任事業組合
営業時間ミュージアム:10時00分 - 18時00分
※ミュージアムの最終入館は17時まで
モール:10時00分 - 19時00分
(定休日:元日・メンテナンス日など)
最寄駅西日本旅客鉄道(JR西日本) 神戸駅
阪急電鉄阪神電気鉄道 高速神戸駅
阪神電気鉄道 西元町駅
神戸市営地下鉄 ハーバーランド駅
最寄IC阪神高速3号神戸線 京橋出入口


戸アンパンマンこどもミュージアム&モール(こうべアンパンマンこどもミュージアム・アンド・モール)

兵庫県神戸市中央区東川崎町・神戸ハーバーランドにある『アンパンマン』のテーマパーク。

入館料は、この様になっている。大人も子供も同じ料金。高齢者割引はない。

 
・入館料金     1,500円(税込)(1歳以上)
※小学生以下のお子様には記念品付き。

である。お子様の記念品は、アンパンマンを形どった小さなカスタネットであった。 その写真を撮っていなかったので、画像を探してみました。 ありました。 これです。


窓型の折り畳みパンフ。


2階部分がミュージアムになっている。その案内地図と遊戯設備の説明。



一階は、ショッピングモールになっている。こちらは入場無料。沢山のアンパンマン関係の店舗が入っている。





孫と共に館内に入る。 通路にあった、このバルーンに孫が乗りたいと言うのだが、乗り物ではないので無理。 高い高いだけで、我慢してもらった。孫は、体重が13kgとなり、かなり重くなってきた。爺さんは長時間持ち上げはできぬ。 




10時半に始まるアンパンマンショーです。孫は熱心に見ていた。こちらは孫を熱心に見ていた。

video


孫の一番のお気に入りのアンパンマンごうである。人気なので、順番待ちであった。運転席に座ると、ハンドルを回しライトを点滅させたりでご機嫌。孫は結構長い間占有するので、つぎの子供(というより親)に申し訳なかった。息子夫婦もそう思っていたようである。

 
一昨年やなせたかしが来館したときの自筆イラスト。
 
 
ボールパーク、探検ランド、みんなの町おすし屋、にじのすべりだい等々で遊ぶ孫の写真である。動きが激しいので、ピントを合わせにくい。
よい角度で写真を撮るのが難しいのだ。
 
写真は山程写した。おむすびまんと握手した写真もある。全てとても可愛いい。
 
が、そのうち顔の写ってないのをアップする。
 
 

 

 
これなら、息子も文句はあるまい。   
 
最後に、ご満悦の孫と爺いである。とても可愛いのでモザイクなどかけたくないが、個人情報の保護のため仕方がない。
 
 
遊び終わってからジャムおじさんのパン工場で購入したパン5種である。
みんな、孫が選んだのである。食べるのが勿体ない位の出来である。
さすが孫である。とても良い選択である。 




ミュージアムを出て、息子夫婦の車で彼の弟たち(当たり前だが、私の次男と三男)の家に向かった。ここで、かつ丼を食べるのが目的であった。 孫の○○おじさんが作ってくれるのである。

写真は撮ったが、個人情報の保護に反する写真ばかりなので、ここにはアップできない。

孫もかつ丼はおいしいと言ってくれた。オードブルに出た、鴨の燻製ハムに挟んであったクリームチーズをいたく好み、沢山食べてくれたのである。

私は、ここには写ってないがビールを買ってきて、かつ丼と共に食したのである。ほぼ完食。なかなかおいしかったのである。


その後しばし、○○おじさんの部屋で孫と遊んだ。 孫にとって、私の家よりは遊ぶものが少なかったが、けん玉やルービックキューブ(の変形バージョン)でひとしきり遊んでくれたのだ。

帰る時間になった。 電車で帰る積りであったが、息子の車で自宅まで送ってくれることになる。有難いことである。 

とても楽しい一日ではあったが、孫の相手はやっぱり疲れる。 孫も疲れたらしく、車中で可愛い顔をしてぐっすり寝込んでいた。奈良のお家に帰るまで起きなかったそうである。 満足してくれたようだ。 よかった、よかった。 

今回はこれでおしまい。神戸案内というより、身内紹介でしたね。

0 件のコメント:

コメントを投稿