ページビューの合計

2015年8月10日月曜日

灘 徳井神社

恒例の地元 神社仏閣巡りシリーズである。今回は、灘 徳井神社。JR六甲道駅から、線路沿い東に歩いて7,8分の所にある。住宅街の中にある小さな神社である。この神社は、散歩コースに入っているので、幾度となくお参りしている。先週の月曜日に取材記事を書くべく、訪問した。暑い日でした。

お賽銭をあげることは滅多にないのだが、今回写真記事にするに当たって、最低限のお賽銭をさせて頂いた。決して、無断写真撮影しているだけではありませぬ。と、無意味な言い訳を神社関係の方々に申し添える。

この神社は、箒の宮と呼ばれている。


その由来は、説明板にこのように書かれている。

当社には古来、産婦の陣痛が始まると社より荒神箒を借り受け、
その箒にて腹を撫で安産を祈念するという伝えがあり、
現在も安産祈願者には小箒を授けます。

民俗学的にも希有なこの神事は、地元民のみでなく、
全国的にもしられ、信仰を集めています。


ということで、安産の神様としても知られている。

Wikipediaに記載されるほど、メジャーな神社ではない故、時々の様に神奈備を利用させて頂いて、神社情報を提供するのである。徳井神社

徳井神社

住所:神戸市灘区大和町4-5-5

ご祭神: 應神天皇、神功皇后

由緒: 往古よりこの地に祀られていた上宮、中宮、下宮と称される八幡三座の中の上宮にあたると云う。明治末期に中宮も合祀された。
   当社は別称「箒の宮」と称えられるが、境内社八幡社の祭神、神功皇后の御神徳をいただき、安産祈願に参拝する願人に竹箒を授与することから生じたもの。


また昭和36年の社名変更までは「應神天皇神社」と尊称されていた。

それでは、写真紹介。

拝殿




鳥居

 鳥居横の石灯籠石碑

手水舎
 
ご神木の榎。 枝ぶりが面白い。

このご神木については、神主の選んだ8月の言葉があり、樹齢約300年とされる。

狛犬  左右の狛犬の表情が異なるので、最近は双方写真に写すようになった。



拝殿

今年は羊年で、その大型絵馬。毎年干支によって変わります。


本殿


境内社の八幡神社


百度石 その奥に秩父宮殿下六甲御登山紀念の石碑がある。


同じく、境内社の廣目稲荷神社


それをお守りするお狐様。こいつは、巻物(心経)を咥えていますね。


 
 その他に、徳井資料館というのがあったが、閉められていたので拝観は出来なかった。
ご神木以外は、神社の特徴と言えるべきものはなかったようだ。

このシリーズもいささかマンネリ化してきたみたいだね。それとも、私の感受性が鈍ってきたか?

ということで、今回はこれでおしまい。


 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿